『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『みそあんぱん&メロンパン』


久しぶりにパンを焼きました。


涼しかったので、パンを焼くのに絶好のチャンス!と思ったのです。


暑いと、とてもじゃないけど、オーブンを使う気にはなれなくて。。。


夏は、パンにカビが生えやすいので、焼いたらすぐ食べないといけません。


最近パン食は、週に1、2回にとどめているので、必然的に焼く頻度も減っていました。


でも、冷凍室にあったみそあんのことが、ずっと気になっていて、いつか和菓子にでも使おうと思っていたけど、みそあんぱんにしてしまいました。


メロンパンも冷凍しておいた皮を使っています。


いつも焼きすぎたり、焼きが足りなかったりするんだけど、きょうはちょうどいい感じに焼けました。


でも、強力粉を切らしていて、スーパーで買ったカメリアを使ったから、なんとなくパンがパサパサ?


生地もベタベタで扱いにくかったし、やっぱりキタノカオリが一番みたい。


もう浮気はしません(笑)
スポンサーサイト
【2009/07/31 22:55】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『病気にならない人は知っている』
natural cures

「病気にならない人は知っている」という本を読みました。


全米で大ベストセラーになった本です。


著者のケヴィン・ドルドー氏は、医者には治らないと言われた心臓の病気を自然療法で治した経験を持つ人物です。


以来、健康体を保っているわけですが、生活のすべてにわたって徹底していますね。


人間が病気になる原因を大きく4つに分けると、体内毒素・栄養不足・電磁波・ストレスなんだそうですが、中でも一番大きいのは体内毒素です。


生きているだけでも、日々体内で毒素は発生するし、外部からも様々な毒素が入ってきます。


それは、電磁波であったり、食品添加物であったり、抗生物質なども毒素に当たります。


驚いたのは、目や耳からも毒素は入ってくるということです。


目で見た悲惨な映像や不快な音も、体を酸性にし、細胞に悪い影響を与えるのだとか。


情報が氾濫する現代に、必要な情報のみを取り出すことは難しいことですが、なるべくおめでたいことや、心が喜ぶような情報にだけ目を向けたいものです。


溜まった毒素は、排出するしかありませんが、毒素をたくさん排出できるのは便や尿です。


そのためには、もっと水を飲まないといけないと感じました。


自分で思っている以上に体は脱水しているようです。脱水は様々な症状を引き起こします。


本の中にも、きれいな水を1日に8杯飲むとよいと書いてあります。


電磁波については、テレビもパソコンもIHも、多少のリスクは承知で使っていますが、毎日のこととなれば、体への蓄積も相当なもの。


電化製品を使わないのは不可能だけど、テレビを見る時間を減らすとか、努力によって体に取り込む電磁波は減らせます。


エアコンも特に有害らしいので、これからの季節、エアコンに頼らない生活を心がけたいですね。


汗をかけば毒素も排出できるし、地球にやさしい生活は体にもやさしいですよねw


日々の生活習慣が、確実に健康に影響を与えることは明白ですが、その人の考え方や言葉次第で健康になれるそうです。


健康な人は、みな楽天的でよく眠るんだとか。よく眠れるから楽天的なのかもしれませんが・・・


いずれにせよ、不安で頭をいっぱいにしたり、悪い言葉を発して心地よくなることはありませんから、意識してよいイメージを持ったり、よい言葉を遣いたいものです。


「ありがとう」を言うことが健康に貢献していることは、自分の経験から言って間違いないということを付け加えておきます。








【2009/07/27 00:13】 book | トラックバック(0) | コメント(0) |
『冷やし中華』


梅雨が明けたのに、雨の日が続いたり、しばらく変なお天気が続きましたが、週末は快晴。


晴れると暑いですね( ̄▽ ̄;A 


少し動くともう汗だくです。。。


暑いとあまり火を使いたくないし、冷たい物が食べたくなりますw


あまり冷たいものばかりだと、胃腸によくないとは知りつつも、このところお昼は麺類の日が続きます。


今日は冷やし中華でした^^


麺を茹でる用と薄焼き卵用に鍋を二つ出さないといけないのが、ちょっと面倒くさいと思いつつ作りました。(使う道具は最小限にとどめるのが鉄則です)


具は、冷蔵庫にあるもので。


具材は細長く切りそろえるというのも、また面倒くさい(笑)


でも、千切りにするのは、何か意味があるはずだ・・・と自分に言い聞かせて黙々と切るわけです。


茹で上がった麺に、一応彩りを考えて盛り付けし(こういう作業、苦手です)、最後にスープを回しかければ出来上がり~。


具と麺を適当に混ぜて、スルスルッと麺をすすると、夏はやっぱり冷やし中華だなと思います。


一時ですが、体が清涼感に包まれた、、、ような気がします。



【2009/07/26 18:47】 life | トラックバック(0) | コメント(0) |
『食品の裏側』


「食品の裏側」という本を読みました。


この前読んだ、「食べてはいけない」同様、驚きを禁じ得ない内容でした。


著者は、以前、商社で添加物のセールスマンをしていた方です。


添加物を売りまくっていたわけですが、お子さんの誕生日に食卓に上ったミートボールがきっかけで商社を辞めてしまいます。


そのミートボールは、紛れもなく著者が開発した商品だったのです。


およそ肉とは呼べないような安い端肉を使っており、子供好みの味や食感を出すため、たくさんの添加物が使われていたのでした。


このように添加物を駆使すれば、大抵の出したい味や色は、自由に作り出せるようです。


スーパーで売られているピンク色の明太子は、添加物だらけの液に浸して出来上がったことを知り、非常にショックでした。


今は、ほとんど食べないけど、昔はよく食べていましたから・・・もうたらこや明太子は食べる気がしません。


しかも「無着色」と表示があっても、添加物が全く使われていないというわけではないようです。


これは、明太子だけの話ではなく、他の食品にも言えることです。


添加物には、もう一つややこしいことがあります。


一括表示といって、ひとつの目的(例えば保存性を高めるなど)のために数種類の添加物を使用した場合、一括して表示すればいいという制度です。


食品製造業者にとってはありがたい制度でしょうが、消費者からすれば、誤魔化されているようにしか思えませんよね。


コンビニ弁当など、体のためにおかずが多そうなものを選んだのに、品数が多ければ多いほど、添加物を多く摂取してしまうという皮肉な結果を招いてしまうので、要注意です。


便利さや保存性など添加物の恩恵を受けていることも忘れてはいけませんが、要は利便性をとるか安全をとるか選択するのは自分で、その結果を引き受けるのも自分なのです。


やっぱり、摂取する添加物を最小限にしたいなら、自分で料理するのが一番みたいです。


個人的には、コンビニのおにぎりを買うくらいなら、自分でおにぎりを握ったほうがいいと思います。


長ったらしい添加物の名称をいちいち覚えるのは容易ではありませんから、自分の家の台所にないようなものが表示されているものは、買わないほうが賢明です。
【2009/07/25 22:01】 book | トラックバック(0) | コメント(0) |
『煮込みハンバーグ』


久しぶりにお肉です。


煮込みハンバーグを作りました。


ハンバーグというと、いつも煮込みハンバーグになってしまいます。


というのも、煮込めば中まで火が通っているかどうか心配しなくていいからです^^;


市販のデミグラスソースにケチャップ、そしてソースを少し足して煮込んでいます。


ハンバーグは、最初に覚えた簡単レシピを忠実に守っています(笑)


お肉に、マヨネーズ・ケチャップ・パン粉(湿らせる必要なし)を混ぜるというもの。


プラスアルファで、みじん切りにしてあめ色になるまで炒めた玉ねぎも入れています。


つけあわせは、ファミレスでハンバーグを食べたとき、多分こんなだったかなぁというのを思い出して作りました。


ゆでたじゃがいもに塩をふって、皮ごと食べたらおいしかった。。。


ハンバーグそのものよりも、じゃがいものほうがおいしく感じてしまったのは、気のせいでしょうか???


もう肉は当分食べなくていいです。


【2009/07/21 18:48】 life | トラックバック(0) | コメント(0) |
『酵素力革命』


新谷弘実先生の「酵素力革命」という本を読みました。


「病気にならない生き方」シリーズを、より掘り下げた内容で、若干理解が難しいところもありましたが、もっと多くのことを知りたいと欲するかな☆にとっては、大変ためになる本でした。


全体を通して、改めて、人間は自然の恵みや微生物などによって生かされている存在なんだなぁと思いました。


人間の生命は、生命のあるものにしか養うことはできないのです。


それなのに、カルシウム補給に牛乳を飲みなさいだとか、肉・野菜をバランスよく食べなさいとか、誤ったことをさも正しいかのように広めてきた現代栄養学の罪は大きいと言わざるを得ません。


健康のカギは、個々の食物が持つ酵素が握っており、綿密なカロリー計算など、何の意味もなさないのですから。


やっぱり日本人の腸には和食が一番合うのだと思います。


なのに、食生活の欧米化で油や肉を取り入れた結果が生活習慣病やメタボの増加です。


昔は、食糧難で栄養が不足していても、今より元気な人が多かったといいます。


考えてみれば、わざわざお米の栄養を削ぎとって白米として食べるのはおかしなことですよね。


近年、アメリカをはじめとする諸外国でも日本食への評価が高まっており、そろそろ日本人も和食のよさを見直してもいい頃じゃないでしょうか。


ところで、以前から、新谷先生は断食や食べないことに対してどのような立場をとっておられるのか気になっていました。(腸の専門家なので、おそらく賛成の立場だろうと推測してはいましたが)


やはり、断食は体を活性化するという見解でした。


酵素が活性化する条件として、体が飢餓状態になること、もしくは食事は腹八分にして空腹を感じる時間を長くすることが必要なようです。


断食によって体内に食べ物が入ってこなければ、細胞内の解毒(デトックス)に専念できるので、細胞の一つ一つが活性化されるというわけです。


体の中にはいろんな器官があるけれど、そのなかでもとりわけ胃腸は重労働を強いられているんですね。日頃食べ過ぎの人の場合、胃腸の疲労状態はもっと深刻です。


消化吸収の作業が終わったと思ったら、また食べ物が入ってきて、おちおちしていられないし、寝ている間もせっせと消化吸収しているわけですから、休みなんてほとんどありません。


もし、私たちが胃腸と同じように働いたら、3日ともたずへたりこんでしまうそうです。


たまには胃腸を労わってあげないとかわいそうだと思いました。


いつも午前中は胃腸を休ませていますが、とてもそれだけでは足りないなと痛感しました。


胃腸のためにも、中断していた断食もボチボチ再開しようかな・・・と思います。


断食で飢餓感を感じたあとは、食べるという行為がさぞかし新鮮に感じられることでしょう。






【2009/07/15 18:29】 book | トラックバック(0) | コメント(0) |
『ツルン』


余っていたさらしあんを使って水ようかんを作りました。


水ようかんといっても、難しいことはなく、ふつうの寒天と同じ要領でできますw


寒天を煮溶かしたら、さらしあん、砂糖の順に入れて、なめらかになるまで混ぜます。


型に入れたら粗熱をとって、冷蔵庫で冷やせば出来上がり♪


ひんやりツルンとした食感が夏にぴったりです^^


こしあんや粒あん、ゆであずきを使ってもできます。


分量は適当なので載せられませんが、粉寒天と水の割合を間違わなければ、失敗することはないと思われます(笑)
【2009/07/14 22:41】 life | トラックバック(0) | コメント(1) |
『食べるな、危険』


「新 食べるな、危険」という本を読みました。


タイトルからしてショッキングな感じがしますが、内容はもっとショッキングでした。。。


農薬まみれの野菜や果物、そして、抗生物質を投与された不健康な牛や豚、、、などなど。


日頃、慣れ親しんでいる調味料は、砂糖を大量に使っているそうです。


例えば、フライやコロッケにかけるソースは、全体の3分の1が砂糖だとか。


脂っこいものにこんなに大量の砂糖が使われたソースをかけて食べる・・・健康になるどころか病気を助長しているようなものです。糖尿病の人にとっては自殺行為です。


買い物の時、一応表示は見てはいましたが、見方がよく分かっていなかったんですね。


あれは、使っている材料で多い順に記されているので、もし砂糖が一番最初に書いてあったら要注意です。


お菓子や清涼飲料水などで「砂糖ゼロ」と書いてあるものがありますが、騙されてはいけません。


砂糖の替わりに安全ではないステビアが使われていたり、砂糖を使用しないと、それだけ添加物の量を増やさざるを得ないのです。


砂糖ゼロで添加物がてんこ盛りでは本末転倒もいいところです。


ずっと読んでいくと、これでは食べられるものがなくなってしまうのでは・・・という疑問が出てきます。


でも、これらの事実を全く知らないのと、知っているのでは大違いだと思います。


今すぐ、すべての食品や調味料を安全で添加物や農薬不使用のものに変えることは現実的ではありませんが、知識があれば、より安全なものを選ぶように行動が変わってくると思います。


消費者を甘く見て騙してきた企業には怒りを感じますが、そういったものを買う消費者がいるから企業も売っているというのも事実です。需要あるところに供給ありです。


消費者がしなければいけないのは、声を上げることです。


こういう商品が欲しいとか、添加物はやめてとか、声高に叫ぶ必要があります。


そういう声がたくさん集まれば、企業や農家も動かざるを得なくなるでしょう。


食品の製造に関わっている人には「家族や大切な人に安心して食べさせられるものか?」それを肝に銘じて欲しいと思います。

【2009/07/13 18:43】 book | トラックバック(0) | コメント(0) |
『今から昼食』
20090712160041
ついさっき起きたばかりなので、今から昼食です。

これといってお腹も空いてないので、スイカ・サラダ・梅干し、、、、以上です。

今日は一日一食になるかもしれません。
【2009/07/12 16:00】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『サラダうどん』
IMG_3818.jpg

毎日蒸し蒸しして暑いので、さっぱりとサラダうどんを食べました。


ゆでたうどんにサラダをのせただけです(笑)


かな☆は、毎食うさぎのようにサラダをムシャムシャ食べるので、うどんとサラダをドッキングさせるというのは、非常に合理的で理にかなっているのです。


タレも、サラダのドレッシングをかけただけですw


最近、ドレッシングは手作りするようになりました。


というのも、サラダばかり食べるので、ドレッシングを買ってきても、すぐになくなってしまうからです。


家にあるもので、意外と簡単にできてしまうので、もう買うのはやめました。


酸味とか自分の好みで調整できるところもグーです。


かな☆は、すりごまを大量に入れてごまの風味を全面に出しています。


ゆでたもやしと和えて、もやしのナムルにしてもおいしいです。


簡単なので、レシピを残しておきます。


<和風ドレッシング>
★作りやすい分量

しょうゆ 大さじ1
酢 大さじ1
サラダ油(ごま油でも) 大さじ1
砂糖 小さじ1
すりごま お好みで好きなだけ

しょうゆ:酢:サラダ油は1:1:1と覚えてください。
油を控えているかたは、サラダ油は半量くらいまで減らして大丈夫です。

【2009/07/08 18:33】 life | トラックバック(0) | コメント(0) |
『ホットケーキ』


今日は、一日中雨が降ったり止んだり。。。


こういうときは、無性にホットケーキが食べたくなります。


ホットケーキは、食べたいと思ったときに、パパッと作れるところが素晴らしい!!_(´ー`*)_))


世にホットケーキミックスは数あれど、かな☆は森永のホットケーキミックスが一番好きです^^


いろいろ食べ比べてみたけど、微妙に味が違うんですよね。


森永は、ほっこり優しくて懐かしい味がするような気がします。


前は、一袋が200グラムだったのに、減量して150グラムになってしまったのが残念ですが^^;


以前も書いたかもしれないけど、ふかふかのホットケーキを食べているときは、かな☆にとって至福のときです。
【2009/07/06 22:57】 life | トラックバック(0) | コメント(0) |
『天ざるそば』
少し間が空いてしまいましたが、皆さんお元気ですか?


かな☆は元気でやっています^^


さて、今日はそばを食べに行って来ました。


前にも行ったことのある蕎麦屋さんです。


木をふんだんに使った古風な建物で、店内は落ち着いた雰囲気です。


ここのお品書きは、すべて店主の手書きなのですが、達筆すぎて少々読みにくいです(´~`*)


これはどういうそばなんだろう?と想像力を働かせながら考えるので、注文が決まるまで時間がかかります。



頼んだのは、大エビと野菜の天ざるそばです。


天ぷらが、衣がサクサクでとてもおいしい!そばは細麺ですが、歯ごたえがあります。濃くやや辛めのそばつゆと合いますね~。


薬味のわさびを入れると、より引き締った味になります。

IMG_3801.jpg

もう一品、鶏の唐揚げも注文しました。


レモンを絞ったあとの写真ですいません。。。


こちらも揚げたて、衣がカリッとしてお肉はジューシーで美味でした。


(* ̄ ◇、 ̄*)ごちそうさま


【2009/07/02 19:35】 life | トラックバック(0) | コメント(1) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。