『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『けんちんそば』
強風ふきすさぶ中、蕎麦屋に行ってきました。


久しぶりに来たけど、アンティークのものが飾ってある店内は相変わらず落ち着きます。



それほど寒くはなかったけど、温かいつけけんちんそばを食べました。


まずは、汁をすすってみましたが、だしがきいていて濃くておいしい!


これにそばを浸して食べるので、このくらいの濃さでちょうどいいです。


具は、さつま揚げ・里芋、大根、にんじん、こんにゃく、ねぎと具沢山なのがうれしい(*´∀`*)


そばは細め。だけど、しっかりそばの味がします。


使用しているのは、常陸秋そばだそうです。


そばをけんちん汁にからめて、ズルズルッと頂きます。


そばって噛まないで食べるのが正しいのでしょうか?


そばを一生懸命噛んでいる人って見たことがない(笑)

IMG_4370.jpg


そばだけじゃ物足りないと思って、もう1品、あなごの天ぷらも頼みました。


すごく身が柔らかくておいしいです。骨まで食べられます。


揚げたてのサクサクの衣もおいしいけど、天つゆに浸してふやけたところもおいしいです^^


あなごの天ぷら、天丼にしてもおいしいだろうなぁ~。


スポンサーサイト
【2010/02/27 00:14】 life | トラックバック(0) | コメント(1) |
『残念。。。』
う~ん・・・真央ちゃん、銀メダルでしたね(~ペ)


銀メダルといったら、本来喜ぶべきものなのですが、ちょっと腑に落ちません。


というか、憤慨しています(≧ヘ≦)


ジャッジのキムヨナの演技に対する採点に。


確かに、キムヨナはプレッシャーのかかる中、ノーミスの素晴らしい演技をしました。


でも、どこをどう見ても、あの点数は出ないでしょうが!


あなたの目は節穴か?と言いたい。


150点といったら、男子並みの点数ですよ(@_@)


どこがどうなってあの点数が導かれたのか、ちゃんと説明して欲しいです。


多少のミスはあったけど、真央ちゃんはトリプルアクセルを2回入れているでしょう。


キムヨナは入れていないのに、あの点差が出るというのはおかしい。


絶対、ジャッジは秘密裏に談合してるに違いない。


私は、インタビューで涙をこらえながら答える真央ちゃんが可哀想で可哀想でなりませんでした。


なんなら、国際オリンピック委員会に抗議してもいいんですのよ!


きっと今夜は、やけ食いになること必至です。(-"-メ)
【2010/02/26 15:01】 life | トラックバック(0) | コメント(1) |
『フリー直前』
おはようございます!


もうすぐフィギュアスケート女子フリーの戦いの火蓋が切って落とされようとしています。


ついにこの時が来たかという感じです。


ワクワクするような、ちょっと怖いような。。。


誰かがオリンピック期間中は疲れます・・・と言っていましたが、確かにそう思います。


ドキドキしっぱなしで心臓によろしくない。


昨日の夜も、今日の決戦のことを考えるだけで、心臓の鼓動が早まり、なかなか眠れなかったのですが、眠ってしまえば、爆睡で、今は万全な状態ですV(^ー^)V


今朝は、お清めの意味もあって、特に念入りにトイレ掃除をしました。


いつも何か大事なことの前には念入りにトイレ掃除をする癖があるのです。


日本中の人がトイレ掃除したら、真央ちゃんも勝てるのでは(笑)


冗談はさておき、


確かにキムヨナは憎らしいくらい強い。


SPの点数は、はっきり言って出すぎ。真央ちゃんの方が絶対よかったと思うのですが・・・


フリーの「鐘」という曲は、タチアナ・タラソワコーチがトリノ五輪の時に、ミシェル・クワンさんのために用意していたのですが、怪我で滑れず、お蔵入りになったそうです。


それで今回真央ちゃんに回ってきたというわけです。


運命のようなものを感じます。


この曲にタラソワコーチは「乗り越える」という意味が込めたそうです。


これまでも数々の困難を乗り越えてきた真央ちゃんなら、必ず乗り越えられます。


キムヨナという高い山も!


とにかく、後悔のないように、楽しんで滑って欲しいと思います。


そして、ショートの時のような晴れ晴れとした真央スマイルを見せてください(*´∀`*)



【2010/02/26 09:42】 life | トラックバック(0) | コメント(0) |
『柑橘類大集合』
IMG_4355.jpg

最近、スーパーに行くと、柑橘類ばかりが目に入ってしまいます。


前は興味がなかったので、素通りしていたというのに!


特に今の時期は種類が豊富ですね~。目移りしちゃいます。


いよかん、ポンカン、きんかん、はっさく、甘夏、デコポン、はるみ、はるか・・・


名前が似通っているものも多く、紛らわしいです(笑)


今日は、はっさく、いよかん、土佐文旦、はるかを買ってきました。


この前、土佐文旦を食べたら、思いがけずおいしくて、また食べたくなったのです。


本当は、10個くらい買い占めたかったのですが、1玉300円近くするものですから、1個だけ。。。


この前は農協で買ったときは、2玉340円だったんですけどね( ´_`)


文旦の話は置いといて、今日書きたいのは「はるか」という柑橘類のことなんです。


たまたま足下の棚に置いてあったのが目に入って、皮は鮮やかな黄色でおいしそうな感じがしたので、ためしに買ってみたのですが、これが大当たり。


酸味はほとんどなくて、ほんのり甘くておいしいのです(^¬^)


ぶんたんにも似ているような気もするし、スウィーティーにも似た味です。


かな☆は、酸っぱい果物は苦手なので、これぐらいがちょうどいいのです。


ところが、同じものを食べても人によって感じ方が違うのですね。。。


母が食べたら「味がなくておいしくない」ですってo(*'へ'*)o


その淡白さがいいんじゃないかと思うのですが・・・


おそらく、酸っぱくなくちゃ果物じゃないという人には口に合わないのでしょう。


全部食べ終えたら、マーマレードにするのに、皮、そして種もバッチリ取ってあります。


【2010/02/23 15:06】 life | トラックバック(0) | コメント(0) |
『卯の花』


この前、おとうふ家族で買い物したときに、冷凍したおからを頂きました。


それを解凍して卯の花を作ってみました♪


時々食べたくなるんだよね~卯の花。


私の卯の花の作り方は超簡単^^


電子レンジで行います。


にんじんやこんにゃく、椎茸を切って、耐熱のボウルにおからと共に入れ、だし汁、調味料、しいたけの戻し汁も入れて混ぜたら15分くらいレンジにかけます。


途中、何回かかき混ぜるといいでしょう。


しっとりして、優しくてホッとする味。。。


ごはんが進むこと、請け合いです(*´∀`*)
【2010/02/20 13:17】 life | トラックバック(0) | コメント(0) |
『おめでとう!銅メダル』
|^・ω・)/ こんにちは♪


オリンピックが始まって以来、寝不足のかな☆です。


昨日も、フィギュアスケートのメダルの行方が気になり、4時間しか眠れませんでした。\(o ̄0 ̄o)°゜/


お昼にテレビにかじりつくようにして見ていたのですが、日本は3選手とも素晴らしい演技でした""ハ(^∇^*)


なんとかメダルを獲ってほしいと願いを込めながら見ていたのですが、高橋大輔選手がやってくれました!


4回転ジャンプは転倒してしまったけれど、逃げないで果敢に挑んだのは賞賛に値します。


よく集中力を切らさないで演技を続けられたと思います。


非常に気持ちのこもった演技で、彼の人生そのものが滲み出ていたように思います。


「道」という曲を使っていますが、膝の怪我も、今思えば、メダルを獲るための道として人生に組み込まれていたことだったのかもしれません。


彼の今までの苦労を思うとこみあげるものがあって、途中から涙が出てきました。


高橋選手は「語り継がれるような演技をしたい」と言っていましたが、涙が出るほど感動した演技は初めてだし、これからも目に焼きついて忘れることはないと思います。


メダルの色は銅でも、金メダルに匹敵する重みがあると思います。


なんといっても、日本男子初のメダルなのですから。


そして、織田信成選手。


中盤まではよかったんですけどね~。何があるかわからないのが五輪の恐ろしさだなぁと改めて思いました。


あそこで気持ちが切れてもおかしくないのに、よく最後まで諦めないで演技したと思います。


本当に悔しいと思うけど、必ずこの経験は次につながると思います。


これでまた一つ強くなれるでしょう。


小塚選手は、見事4回転を決めてくれました!


決めろ~と念を送っていました(笑)


今シーズンは、グランプリファイナルへの出場を逃し、不本意だったと思いますが、彼が五輪前に言っていた「最高の舞台で最高の演技」が叶いましたね。


伸びやかなスケーティングに思わず惹き込まれました。


まだ若いので4年後の成長がとても楽しみです。


おそらくフィギュアスケート界を背負って立つ選手になっていることでしょう。


IMG_4350.jpg

昨日言っていた文旦のマーマレードを作りました。


待ちきれなくて作っちゃった♪


文旦の皮はもっと分厚いかと思っていたけど、想像していたよりは薄かったです。


中身はどんななんだろうと食べてみたら、酸味は少なく甘みがあっておいしかった^^


ちょっと種が多いですが、種にはペクチンが含まれているので、トロミを出すためにお茶パックに入れて、皮と一緒に煮ました。


今回は、皮の苦味を生かすために、あえて白い部分も全部入れました。


試食してみた限りでは、多少苦いという程度。


明日パンにつけて食べるのが楽しみです^^
【2010/02/19 15:58】 life | トラックバック(0) | コメント(1) |
『はっさくマーマレード』


この時期は、いろんな柑橘類が出回っています。


ふつうは、中身の果実が目的で買いますが、かな☆の場合柑橘類の皮が欲しいのです(笑)


なぜなら皮でマーマレードを作りたいから。


以前、作った柚子マーマレードですっかり味をしめてしまいました。


柑橘類の皮は、農薬やワックスが気になるところですが、アルコールで拭くことで、ワックスは除去できるみたいだし、あらかじめ茹でこぼしすることで農薬も大部分落とすことができるようです。(外国産のはおすすめできませんが)


はっさくの皮は硬いので、ゆでこぼしは2回行いました。


そしたら、しんなりしたので、包丁で刻みます。


一番大変だったのが、この刻む作業でした。


とにかく量が多くて、皮は2リットルの鍋一杯分くらいあるので、延々と切りつづけました。


時間にして30分以上はかかったでしょうか。


切った皮をステンレスの鍋に入れ、ひたひたの水を加えて煮ます。


最初から砂糖を入れると皮が硬くなるので、少し煮てから投入します。


しばらく煮たんだけど、果汁を入れていないせいか、一向にとろみがついてこないんですね。


このままじゃサラサラで、とてもマーマレードとはよべないので、レモン汁を1個分絞って入れたら、少しづつですが、トロッとしてきました。


煮始めてから2時間くらい経過してみました。


途中、味見をしたのですが「苦いっ。。。」


白い部分は大体取り除いたのですが、それでも苦い(´・ェ・`)


これは失敗かな・・・と思ったのですが、翌日パンにつけて食べると、「ん?苦くない」


苦味を感じたのは、温かいときに食べたからだったのかな。


皮も柔らかく煮えているし、とろみもいい感じについています。


冷めてから固まる分を計算して、少しゆるめで火を止めたのですが、上手くいったようです。


はっさくで上手くいったものですから、調子に乗って、文旦やいよかんも買ってきました。


早く家族に中身を食べてもらって、マーマレード作りに取り掛かりたいとウズウズしています。


そういえば、俳優の藤田まことさんが亡くなりました。


父がはぐれ刑事純情派が好きだったので、かな☆もよく一緒に観ていました。


人情味あふれる演技が印象的でした。


闘病されていたのは知っていたけど、まさか亡くなるなんて・・・


人が死ぬ時というのは、あっけないものですね。


ご冥福をお祈りします。。。
【2010/02/18 19:02】 life | トラックバック(0) | コメント(0) |
『予防的措置』
今日は一体何をするんだろうという疑問を抱えつつ、歯医者に行ってきました。


まず、先週被せたクラウンの調子を聞かたので、調子いいですと答えました。


それから、先生がじ~っとレントゲン画像を覗き込んでいます。


どんな小さな病変も見逃さないぞという感じで熱心に見入っています。


何もないといいんだけど・・・と訝しげに先生を見つめていたら、案の定、悪い知らせが( ̄□ ̄;)


私の歯は、奥歯にものが挟まりやすいらしくて、それが原因で、虫歯まではいっていないけど、怪しい歯が何本かあるらしいのです。


確かに、ほうれん草などの菜っ葉を食べたあと、歯を磨くと、その破片がたくさん出てくるので、納得しました。


それで、その部分に予防的にセラミックのようなものを詰めておきましょうと言われました。


そのまま放置して、虫歯になって治療が大変になるのは嫌だし、予防できるに越したことはないので、処置してもらうことにしました。


すぐに治療開始。


口を大きく開けた状態で、先生と歯科衛生士さん2人がかりで口の左右を押さえつけ、右上奥歯に何かをグイッグイッと押し込んでいます。


口が裂けそうだと思いつつも、見守るしかありません。


ようやく終わって、やれやれと思っていたら、今度は歯周病の検査をして、下の歯茎の歯石を取りますと言われました。


私の歯茎の色はピンク色で、引き締っているので、まだ歯周病のはずはありません、と反論したかったのですが、気が小さいので言えず、大人しく指示に従いました。


歯周病の検査というのは、歯茎の粘膜を綿棒か何かの棒状のもので優しく絡め取るだけでした。


結果については、何も言われなかったのですが、歯周病じゃなかったのでしょうか?


歯石に関しては、大分溜まっているようです。


自分ではわからないけど、歯磨きでは取りきれない歯垢が日々蓄積されてしまうのでしょう。


歯石取りは前もやったことがあるのですが、イタ気持ちいいのです。


先が尖ったような道具でキュイ~ンと取っていきます。


奥歯に差し掛かったところで、チクッとした痛みを感じましたが、15分ほどで取れました。


最後に研磨剤で歯の表面を磨いて終了。


今日に歯科衛生士さんは、やる前にも途中にも随時説明してくれるからわかりやすいし、とても丁寧でよかったです。


今は、歯はツルツル、口の中はすこぶる爽快^^


でも、歯磨きだけでは虫歯予防にも限界があると感じました。


どうしても磨き方の癖というのが出てくるし、完璧に磨いたつもりでも、磨き残しというのはあるものです。


今日取っても、また数ヶ月後には溜まっていることでしょう。


やはり、定期的に歯石除去してもらうしかないのかな。


私の歯医者通いはまだ続く。。。

【2010/02/09 18:15】 life | トラックバック(0) | コメント(0) |
『ハート♡』
heartmonaka.jpg

バレンタインにはまだ早いけど、ハート型の最中を貰いました(^.^)


中はチョコあんのようです。
【2010/02/08 23:18】 life | トラックバック(0) | コメント(0) |
『甘納豆のはずが・・・』
行きつけのスーパーの中に、小さな八百屋さんが入っています。


その八百屋さんでさつまいもが安いので、ついつい買ってしまいます。


だって、1袋に小ぶりのさつまいもが6本くらい入って100円ですよ。


茨城産の紅東ですが、ねっとりしていて甘くておいしい。


せっせと買っては焼き芋にして食べていたわけですが、たまには違う食べ方をしてみたいと思って、ストックしていたレシピから、さつまいもの甘納豆を作ってみることにしました。


さつまいもは輪切りにして水にさらし、ひたひたの水で煮ます。


煮崩れないように弱火で。。。


大体火が通ったら、さつまいもの量の半分の砂糖を何回にも分けて入れ、甘みを染み込ませていきます。


時間にして、う~ん、2時間以上はかかったでしょうか。


汁が少なくなるまでコトコト煮ます。


ためしに、いくつか鍋から取り出して、熱湯をかけ、表面を洗い流し、グラニュー糖をまぶしてみたのですが、さつまいもに夥しい量のグラニュー糖が付着してきて驚きました。


すでに使ったお砂糖の量は、200グラム。甘党の私でも甘く感じるくらい甘いのに、その上またまぶしたら大変なことになる・・・と思ったので、グラニュー糖をまぶすのはやめ、かくして甘納豆になるはずが、ただの甘露煮になってしまいました(´・ェ・`)


ツヤツヤの仕上がりです。

IMG_4295.jpg

しつこいようですが、かなり甘いです。


砂糖の塊のような甘さ。。。


甘納豆で大量の砂糖を使うのは、保存性を高めるためですから、すぐに食べ切ってしまうなら、量を減らしても大丈夫だと思います。
more…
【2010/02/07 16:36】 life | トラックバック(0) | コメント(0) |
『節分』
きのうの節分、久しぶりに料理らしき料理を作りました。


ここ数ヶ月、食欲はあっても、これが作りたい!というものがなく、料理から遠ざかっていました。


でも、節分とかイベントがあると料理好きの血が騒ぐんですよね(笑)


恵方巻を食べなくちゃ節分とはいえませんw



恵方巻の具は、じっくり味をふくませた甘めの味付けが好きです♡


1本は、今年の方角を向いて丸かじり。


食べ終わるまでは、一言も発してはいけないらしいので、黙々と食べました。


巻きが甘いのか、食べながらポロポロこぼれます。


恵方巻を食べた後、大豆を食べたらカリポリしておいしくて、年の数以上食べてしまった( ´_`)

IMG_4288.jpg

大根と卵の袋煮も作りました。


油揚げを開いて生卵を詰め、楊枝でしっかり口を留めて煮ます。


油揚げとゆで卵の組み合わせが新鮮^^


大根は、あらかじめレンジでチンしてから煮たら、よく味が染みておいしかったです。


煮る時間も短縮できるし、これからはこの方法でいこう。



【2010/02/04 19:07】 life | トラックバック(0) | コメント(1) |
『クラウン』
週に1回の歯医者に行って参りました。


すっかり歯医者慣れしたのか、もはや緊張もしなくなりました(笑)


前回は土台を作ったので、いよいよ冠を被せます。


まずは、歯科衛生士さんが仮にはめて、調整します。


はじめは、締め付けられているようにきつく、大丈夫かなぁと不安になりましたが、ちゃんと調節してくれました。


続いて、赤くて薄い紙を歯に当てて、カチカチ噛んだり、歯軋りみたいに横にギリギリさせたりして、噛み合わせを見ているようです。


これを数回繰り返して、最終的には先生にバトンタッチ。


先生も、さっきと同じことを繰り返し、入念に噛み合わせをチェックしています。


カチカチするのは飽きてきたなぁと思いつつ、丁寧にやってくれているんだなぁと思って、指示に従う私。


最終的にクラウンを被せて、固まるまでしばらく待つように言われました。


最後に、先生が私のレントゲンを覗き込んでいましたが、特に何も言われなかったので、他に虫歯はないのでしょう。


今日で本当に終わりだと思っていたけど、受付で次の予約をとったので、まだ何かやることがあるのでしょうか?


よくわからないけど、もう入れるものは入れたので気楽ですヾ(*^。^*)ノ


家に帰って鏡で歯をよく見たけど、本当によくできているなぁと感心しました。


歯というのは、人によって大きさも形も違うわけで、ましてやあの狭い空間でピタッと精密に被ることができるのはすごいなぁと思いました。


それが歯医者の技術なんでしょうね。


まぁ、上手だから先生のところに来ているわけですが・・・


歯並びのことや、かな☆の歯に関してすべて把握してくれているという安心感があります。


昔、親知らずを抜いたときも、ああいう難しいケースは、普通大学病院じゃないとできないと思うんだけど、上手く抜いてもらいましたしね。


家から近いし、かな☆が生きている間は、先生にも生きていてもらわないと困ります(笑)


銀歯になってしまったわけですが、噛んでも全く違和感がないし、今度は硬いものも安心して食べられそうです。


噛めないことはなかったんだけど、何となく不安で右をかばって左側の歯で噛んでいたのです。


口の中で、キランと光る銀歯も悪くはないかも( ̄∇ ̄☆
【2010/02/03 00:36】 life | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。