『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『事故後のこと』
事故そのものも大変ですが、事故を起こした後はもっと大変です。


まず、その場で警察による現場検証があります。(寒い中数時間も立ちっぱなしだったので、体が冷え切ってしまったことを覚えています)


それから保険会社への連絡もしなければいけません。


あとで書類に事故当時の概要と図を書いて送るのですが、担当者に口頭で簡単に説明します。


翌日は、被害者へ菓子折りを持って謝罪。


今回、相手の方に怪我を負わせてしまいました。幸い軽い怪我で済んだのですが、、、


相手の方は、たまたまお父様の車に乗っていたらしく、フロントのバンパー部分の損傷が激しかったので、そのことで相手のお父様が怒ってしまいました。


事故当日にお会いしたときには、物腰の柔らかい印象でしたが、保険の査定で思ったような額が出ないとわかってからは態度が一変。。。


何回も電話がかかってきて、かなり無理難題やひどいことを言われました。


父はもっとヤイヤイ言われたようで、大分迷惑をかけてしまいました。


何度もキレそうになったけど、思っていることを全部言ったら、相手の怒りは大きくなるばかりで保険会社のほうでも交渉しにくくなると思ったので、ひたすらこらえました。


おかげさまでかな☆も打たれ強くなりました(笑)


今じゃ何を言われてもびくともしなくなりましたw


後でわかったことなのですが、相手は保険には入っているけど、今回の事故では保険は使わないようなのです。保険を使うと保険料が上がるからだと思います。


通常、自分の加入している保険会社と相手の保険会社とが話し合って、最終的に示談が成立するわけですが、相手の保険会社からの連絡らしきものは一切なかったからです。


基本的にうちの保険会社の担当の方と相手方との交渉ですが、過失割合に不満があって、うちにまで電話をかけくるから、話が余計こじれちゃうんですよね。


この前なんか、電話じゃ埒があかなかったみたいで、保険会社に直接怒鳴り込みに行ったらしいです。


最初担当だった女性の方は、メタメタに言われて怖くなってしまったようで、後から担当は男性の方に代わりました。


かな☆は相手に言える立場にはないけど、自分より弱い立場の人を怒鳴りつけるってのはどうかと思います。。。


法律上の賠償責任というのは、車の時価までなのですが、お父様は、新車の額が丸々出ると思っていたようです。


結局、対人対物無制限といっても、無制限に保険金が支払われるわけじゃないんですね。


でも、保険が無駄だと言っているわけではなく、もし被害が大きかったら自分ではとても払いきれませんから、絶対に入っておくべきです。


保険でカバーできない部分は、自費で払ってくださいって言われたんだけど、それは絶対にやらないほうがいいです。


少しでも払ったら、もっとエスカレートして莫大な額を要求してくるかもしれないし、何のために保険に入っているかわかりませんよね。


保険会社からも金銭の授受は一切しないでくれと言われました。


相手から何か言われたときに言い返すときの常套句として「保険会社にお任せしています」がありますが、これはやめたほうがいいです。


「お任せしている」はすべて保険会社に丸投げしている印象を相手に与えてしまいます。


「保険会社を通して誠実に対応させて頂きます」と言いましょう。誠意がないとかいろいろ言われるかもしれませんが、この一点張りを貫きましょう。


あと、事故直後は気が動転していることと思います。


相手にひとこと申し訳ありませんという謝罪はしなければなりませんが、「すべて私が悪い」というような発言はしないほうがいいと思います。


一度そう言ってしまうと、過失割合のことで、相手から一方的にやりこめられる恐れがあるからです。


最終的に過失割合の決定権は保険会社にあり、当事者は関与できませんが、無用なトラブルを避けるためにも発言は慎重にしたほうがよさそうです。


相手のお父様は、当初から比べると若干態度が軟化してきてはいますが、まだ納得していないようなので、弁護士の先生を立てて、話し合う方向で行くようです。


これで、うちへは電話はかけられなくなるはずなので、少しホッとしているのですが、解決するには時間がかかりそうです。


早く円満解決するといいのですが・・・


スポンサーサイト
【2009/03/20 01:43】 life | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<二連覇おめでとう! | ホーム | 遅くなりましたが、>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://kana8080.blog19.fc2.com/tb.php/1097-c510d110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。