『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『少食へ一歩前進』
最近、自分でも不思議なくらい食欲をコントロールできるようになってきました。


夕食後、何か甘いものをつまみたくなるという悪い癖があったのですが、我慢できるようになりました。


一時期、朝食を食べたり、間食してしまったこともあったんだけど、そんなに食べたいなら食べたいだけ食べてもいいよ・・・と自分を許すようにしたら、ス~ッと食欲の波が引いていきました。


やっぱり私には朝食は必要ないみたいです。食べると何となく調子悪いです。。


人間の心理として、禁止されると、反動でますますしたくなるところがありますよねw


小林正観さんの本に、「私って食べれば食べるほど痩せちゃうのよね~」と言いながら食べるといいと書いてあったのを思い出したので、実践したら、食べ過ぎできつかったウエストが1週間でゆるゆるになってしまいました。世界一簡単なダイエット法ですね^^


もちろん、たまには甘いものが食べたくなることもあります。


そのときは、食欲に逆らわずに食べるのですが、その時に罪悪感を持って食べるのが一番よくないと思います。食べるなら堂々と食べる!これに限ります。


太っている人は、食べるときに「この一口が太るのよね~」と思って食べるので、食べ物もそのように認識して、その通りに食べた人を太らせてくれているだけなのです。こうするから、こうなる・・・実にシンプルな方程式です。


食欲をコントロールできるようになったもう一つの要因は、やはり玄米菜食だと思います。


私なりに分析すると、玄米食によって、ビタミンなどの微量栄養素が摂取され、生命エネルギーも取り込まれることによって、飢餓感がなくなり少食になったのだと思います。


今までは、この飢餓感から食べ過ぎてしまっていたわけです。


また、玄米は消化が悪いですから、自然とよく噛んで食べます。それによって少量の食事でも満足できるようです。


茶碗1杯の玄米に、おかずをちょこちょこっとつまめば満足です。


最近は、あれだけ好きだったパンもほとんど食べたくなくなり、ほとんど1日2食玄米を食べているのですが、体が正しい方向に向かっているような気がします。


胃腸の処理能力を超えて食べることがなくなったので、今は断食は中断しています。甲田先生も、1日2食の半日断食ができれば無理に断食する必要はないと本の中でおっしゃっていました。


またいつかやりたくなったら断食するかもしれませんが。。。


1年間、試行錯誤しながらここまで来ましたが、次なるステップは、なるべく甘いものは食べないことです。特に白砂糖の入っている食べ物の摂取を控えることが目標です。


といっても、過度の我慢は禁物。たまに羽目を外すくらいなら食べてもいいでしょう。


一番よくないのは、ダラダラ食べること。


問題なのは、食べてしまったそのあとだと思うのです。


食べてしまったら、そのあとはしっかりケジメをつける。これさえできれば、鬼に金棒。もう昔のような滅茶苦茶な食生活に戻ることはないでしょう。
スポンサーサイト
【2009/06/17 00:46】 life | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<おからでかりんとう | ホーム | 豆大福>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://kana8080.blog19.fc2.com/tb.php/1143-1b34bbad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。