『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『作業完了。』
「ガラクタ捨てれば自分が見える」を読んでからというもの、毎日暇を見つけては整理、整理です。


昨日は、夜通し作業したので、自分の部屋のガラクタは片付け終わりました。


もう捨てるものはないだろうと思っても、よく見ると捨てるべきものが次々に出てきて、なかなか終わらないんですよね。


懐かしいものが出てくると、しばらくそれに見入ってしまい、作業は中断するので、えらい時間がかかります(笑)


特にクセモノなのが紙のゴミ。1枚1枚は薄っぺらで軽いけど、それが何百枚も集まると、ズッシリと重いのです。


領収書とか、書類とか、旅行のパンフレットだとか、十何年も取っておいたものを一気に処分しました。


こういうのって、取っておいても、結局は見返すこともないような気がします。


ガラクタの整理って、結構力仕事なのに、やっていても不思議と眠くならないし疲れないんですね。


それどころか、やればやるほど力が湧いてくるっていう感じです。


今まで、いかにガラクタにエネルギーを吸い取られていたか分かりました。


よく、テレビでゴミ屋敷がどうのこうのってやっているけど、あれを見て笑える立場じゃないなぁと思いました。


40リットルの袋、13個分のゴミが出ましたから。


自分でも、今までよくもこんなに溜め込んでいたなぁと呆れます。


あまりに潔くモノを捨てるので、母から「お金をドブに捨てるようなものでしょう」と怒られたのですが、そんなことを言ったら何も捨てられなくなるし、泣く泣くモノを捨てたからこそ、次からは無駄なものを買わなくなると思います。


「モノがありすぎるとトラブルになる。整理は悪い運気だけでなくトラブルや事故を招かない。失った運はお金では買えない」


「整理をするのは、スペースができると、そこに運気が流れこむから。モノが捨てられない人は、本来入ってくるはずの運気を逃している」


ある本に書いてあった言葉ですが、この言葉が私を救ってくれたような気がします。


必要なものは与えられるだろうし、捨てることに罪悪感を抱く必要はないのです。


自分にとって魅力を感じなくなったもの、使わなくなったものは、もうとっくに寿命が来ているのだから、さっさと捨てて成仏させてあげたほうがよっぽどいいのではないでしょうか。


生活に本当に必要なものというのは、ごく僅かなんですよね。


捨てるのが快感になってきて、自分の部屋だけでは飽き足らず、他の部屋や物置にまで手を伸ばしてしまいそうです。

スポンサーサイト
【2009/10/26 16:24】 life | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<たまごボーロ | ホーム | ガラクタ捨てれば自分が見える>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://kana8080.blog19.fc2.com/tb.php/1192-8b715bbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。