『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『宇宙が応援する生き方』


本屋さんで、小林正観さんの本が目に入り、最近読んでなかったなぁと懐かしくなり、買ってきました。


「宇宙が応援する生き方」という本です。


相変わらずのダジャレ。これも懐かしい、クスッと笑ってしまいます。


正観さんの本を読んでいると、どんな人でもそれぞれの価値があるのだから、生きていていいんだよって言ってくれているようで安心します。


今の日本は、それとは正反対の間違った方向に行ってしまっているなぁと思います。


だから生き辛い世の中だと感じる人が多いんでしょうね。


もともと日本人は、古くから草食動物として生きてきて、人と比べたり、競い合うことが合わないようなのです。


また、そういうことが苦手な人が日本(大和の国)には集められたようなのです。


でも、日本の教育は、競争したり、努力して何かを手に入れることを教えてきた。


そこらへんから歯車が狂い始めたのですね。


競争に勝ったとしても本物の幸せは手に入りません。


確かに一時的には幸せを感じるかもしれないけど、一時的なものです。


何かを手に入れたから幸せになれるのではなく、幸せの要素は、既に自分の中にもう持っているのですから。


それをどれだけ多く見つけられるかなのです。


日常に埋もれた幸せを見つける、これは一種の技術というか癖みたいなものかもしれませんが、慣れれば誰でもできることです。


ないものに目を向けるのではなくて、今あるものに感謝。


幸せ探しをしていると、いつの間にか心が平安に満たされている自分に気が付きます。


ところで、正観さんは、家族に対して、自分の本を読めとか、ありがとうやトイレ掃除をやりなさいとは一言も言っていないのに、小林家のトイレはいつもピカピカ、みんな笑顔でありがとうが普通の光景になっているようです。


子は親の背中を見て育つじゃないけど、自然と真似してしまうんでしょうね。


素敵なご家族だなぁと思いました。


スポンサーサイト
【2010/01/17 18:50】 book | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<無事でした。 | ホーム | 恐怖の歯医者>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://kana8080.blog19.fc2.com/tb.php/1225-d4567219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。