『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『そうだ、断食しよう』
ここのところ、ずっと甲田光雄先生の本を読み返していたら、無性に断食したくなってきました。


これから厳しい冬を乗り越えるには、断食して強い体を作ることが絶対に必要だと思ったのでした。


それで、実は、昨日断食しようとしたのですが、お昼を食べてしまい、実行できず。。。


己の意志の弱さが露呈しました。


食べたいものがあって、食べ物への執着を断ち切れなかったこと、前回の断食のとき、夜間の空腹感がすごくて、無事持ちこたえられるか不安になってしまったのが原因です。


以前、断食していたときの日記を見返してみたのですが、空腹感は回を重ねるごとになくなり、最終的にはほとんど感じなくなったと書いてありました。


しばらく断食から遠ざかっていたので、空腹感が強く出ただけで、慣れれば辛くなくなることがわかり、安心しました。


それに、今日だけ我慢しようと思えば、きっとできるはずです。


今日は、真っさらな気持ちで断食に入ることができました。


空腹感をやわらげるために、寒天断食かすまし汁断食にしようかな、、、と考えていたのですが、結局、どちらも作るのが面倒になり、水断食になりました。


水さえ飲んでいればいいのですから、水断食が一番楽です。


今回は、やたらと眠くなります。


寝転がって本でも読もうとするのですが、いくらも持たず、すぐに寝てしまいます。


でも、起きて空腹感に苛まれるよりは、寝てしまったほうが楽ですけどね。


夕方、空腹の波が来て、一瞬、食べてしまおうかと悪魔のささやきがあったのですが、思いとどまりました。


ここまできてやめるのはすごくもったいないし、またそうやって逃げるのは嫌だったからです。


どんな苦しみがやってこようとも、しっかり向き合おうと決意を新たにしたのでした。


ところで、断食で、こちらの出鼻を挫くようなことを言うのは母です。


今回も、断食はやめなさい!と言われました。


心配してくれているのはわかるけど、たった一日食べないくらいで人間死にません。


もう何十回もやっていることなので、ちゃんとそれに耐えうる体になっているから大丈夫なのです。


自分の体と同じ基準で考えているのでしょう。


できれば、断食するのを認めて欲しいという思いは正直、あります。


でも、私が言い出したらきかないことは、母はよくわかっていると思います。


もし、途中で音を上げて食事するようなことがあれば、「ほ~ら、だからやめなさいって言ったでしょう」と言われるにきまっていますから、絶対途中で投げ出したりすることはできません。


前回、自然と断食から遠ざかってしまい、今回、またやりたくなったということは、今がその時期なんだと思います。


オールオアナッシングな性格なので、厳しく1週間にきっちり1回行っていたから続かなかったのだと思います。


でも、大事なことはよい習慣を長く続けること。


その週によってできないことがあっても、1年2年と続けていけたらと思っています。


そして、食べられないのではなくて、食べなくていいんだというプラスの発想ができれば、それほど空腹感に意識がいかないで済むだろうと思います。


確かに、断食をすると、献立を考えたり、食事作りに煩わされることがなくなる分、楽なんです。


私は、お風呂でぬるいお湯に長く浸かったり、夜は好きなラジオを聞いたり、気分を発散させるようにしています。


スポンサーサイト
【2010/10/29 23:44】 断食 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<断食明け | ホーム | まだ10月なのに。。。>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://kana8080.blog19.fc2.com/tb.php/1325-84019e8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。