『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『朝食を抜いたらこうなった』


甲田光雄先生の「朝食を抜いたらこうなった」という本を読みました。


先生が、実際に診察してきた患者さんの症例を交えて、朝食抜きについて書かれています。


朝食を抜いたほうが体にいいということは、疑いようのない事実ですが、途中の過程で困ったことが起きることもあります。


例えば、朝食を抜いて食べる量が減った結果、体重が極端に減少してガリガリになってしまうということがあります。


私も経験者なのでよくわかるのですが、断食を始めて間もないころは、断食する度に体重が落ちるものですから、一時は38キロくらいになってしまったことがありました。


そうなると、周りが心配するわけです。


最近、痩せたんじゃないとか、心配されるけれど、本人は、体は軽いし、調子はいいし、何も困っていないのです。


これは一時的なことなのです。


甲田カーブといって、体重が落ちるところまで落ちたあとは、徐々に体重が増えてきて、やがては適正な体重に落ち着きますから心配いりません。


本書の症例の中でも、周りからヤイヤイ言われた結果、また元の食生活に戻って、症状がぶり返してしまったという方がいました。


大事なことは、そこで朝食抜きをやめないことです。


こんなケースもありました。


肝臓の悪い方が、生菜食療法を行ったところ、検査で肝臓の数値が上がってしまった。


これも、数値の上昇という点だけ見れば、困ったことになるのですが、好転反応、つまり肝臓がよくなる前兆だったのです。


「症状即療法」という言葉を先生はよく使われますが、症状が悪化したときは、むしろ、あぁ、これからよくなるのだな、と有難く受け入れなくてはならないのですね。


断食中に、胃のムカつきを感じたと以前ブログに書いたことがありましたが、これも胃が修復されてよくなっていく過程だったのです。


それだけ胃が荒れていたというわけですね。


朝食抜きは、時に思わぬ副産物をもたらすこともあります。


患者さんは、別の病を治そうと始めたのに、気がついたら頭痛が起きなくなったとか、そういうことは枚挙に暇がないといいます。


確かに、私も以前は頭痛持ちだったのですが、朝食を抜くようになったら、頭痛がないのです!


頭痛の発生には、宿便が関係しているようです。


宿便がすべて出たかと言われると、わからないのですが、少なくとも、朝食を食べていた頃と比べれば、老廃物が出やすくなったことは確かでしょう。


この本を読んでいて、しみじみ感じたのは、人間の食欲というのは、強力で恐ろしいということです。


理論通りにはいかないのです。


先生も、自分の意志でコントロールできるような、そんな甘いものではないとおっしゃっています。


例えば、今日は、甘い物は食べないぞ、と思っていても、戸棚を開けて甘い物を見つけた瞬間に、その決心は揺らぎ、いとも簡単に食べてしまうということが何度となくありました。


甘い物を食べているようでは、真の健康体にはなれない、とわかっていても、そういう行動をとってしまうのです。


まずは、そういう自分の弱さを受け入れるところから始めないといけません。


甲田先生も、ご自身の人生の大半を、この食欲と取り組んできたといいます。


ですから、私のような凡人が、そう易々と甘い物をやめることはできないでしょう。


でも、初めから無理だと諦めてしまったら、いつまでたっても変わることはできません。


それこそ、一生をかけて取り組む課題だと思っています。


つまづきながらも、前に進まないといけません。
スポンサーサイト
【2010/11/06 19:20】 book | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<上棟式 | ホーム | あれもこれも>>
comments
--神待ち--
神待ち少女を助けられるのは貴方しかいません。是非近所でうろうろしている少女を助けてあげてください。
【2010/11/07 02:34】 URL | 神待ち #jCEgr8GY[ 編集] |
--賞金辞退--
水嶋ヒロが受賞できた本当の真相知りたくない?
【2010/11/07 04:08】 URL | 賞金辞退 #Lul/urqE[ 編集] |
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://kana8080.blog19.fc2.com/tb.php/1328-50168478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。