『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『おやき』


前から、信州のおやきが食べたいなぁと思っていたのですが、ついに作り方を突き止めたので、作ってみました。


本場のおやきは中力粉で作るそうですが、なかったので、間をとって、強力粉と薄力粉を混ぜて使うことにしました。


Cpicon おやき by 勇気凛りん


生地自体は、混ぜるだけなので、ものの5分くらいでできました。


それから30分寝かせて、いよいよ具を包む作業です。


最初は、要領を得なくて、生地が手にくっついてしまったり、そこらじゅうを粉だらけにしてしまったりしたのですが、3つくらい包むと慣れてきて簡単にできるようになりました。


よく伸びる生地なので、破けることもなく、包みやすいと思います。


最後に、フライパンに油をひいて、両面をこんがり焼きます。


IMG_5710s.jpg

具は、切干大根の煮物(残り物)とさつまいもの2種類作りました。


もちもちした食感で、小麦粉の素朴な味がいいですね。


田舎のおばあちゃんの味っていう感じです。


具は、茄子とかかぼちゃ、キャベツなどアレンジ自在なので、毎回いろいろ試してみるのも楽しいですね^^


富澤商店で上州の地粉(中力粉)を買ったので、今度は本格的なものを作ってみようと思います。


話は変わりますが、最近、納豆を食べるようになりました。


体にいいということはわかっていても、あのネバネバが苦手で、今まで見向きもしなかったのに、一体どういういきさつがあったかというと・・・


日曜日の夕方、こたつで本を読んでいたときのこと、突如、「納豆を食べなさい」という体の内なる声が聞こえてきたんです。


今なら食べられるのかもしれない、と思って、素直にその日の夜に、冷蔵庫にあったそぼろ納豆をかきこんだのです。


そしたら「うまいっ!」


ツルツルッとしたのど越しがたまらない。


今まで何で避けてきたのか不思議なくらいです。


昨日はたまたま食べられたのだと思って、次の日も納豆を食べたのだけれど、やはりおいしく感じたんですね。


わさびをほんのちょっと混ぜて食べるのがお気に入り♡


ピリッとしておいしいですよ。


私の納豆嫌いは、あっけなくなおってしまいました。


両親がかなりの納豆好きなので、ただでさえ納豆の消費量が激しいのに、私が食べるようになったら、ますます消費量が増えることになりそう。。。



断食を重ねるうちに、味覚が研ぎ澄まされてきたように思います。


素材そのものの味をおいしいと感じるようになったのかもしれません。


あまり好きではなかったほうれん草のおひたしも、茎の部分が甘くておいしく感じるので大好きになってしまったし。


とにかく、野菜がおいしくてしょうがないのです。


人間、インスタント食品とか添加物にまみれたものばかり食べていると、味覚が麻痺してしまって、本物の味がわからなくなってしまうのかもしれませんね。


常に体の声を聞くようにしていれば、今何が必要なのかわかるようにできているんだな~と実感しました。
スポンサーサイト
【2011/02/08 20:19】 life | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<いわしの梅煮膳 | ホーム | きのうの節分>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://kana8080.blog19.fc2.com/tb.php/1358-cf84a821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。