『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『スーパーピアノレッスン』
「スーパーピアノレッスン」という番組を毎週観ています。


毎回ショパンの名曲を弾くのですが、今回は「スケルツォ 第二番 変ロ短調 作品31」でした。


技術的なことは、かな☆には難しくて太刀打ちできませんw


でもフランス人の先生が、生徒の演奏を表現するその言葉がすごく面白いんです。笑い転げてしまいます(゜∀ ゜)


「ノー、ノー、それではゆですぎたスパゲティみたいだ。アルデンテでお願いします」とか、大袈裟な身振り手振りを交えて言うのです。


先生もわかりやすく説明するために、あえてそういう言葉を用いるのかもしれないけどね。。。

ところで、いつも思うんだけど、音楽をやっている人ってみんな耳がいいなぁと思います。


かな☆が教わっていたピアノの先生もオカリナの先生も、ほんのちょっとのミスも聞き逃しませんでした。


1人で弾いているときだけじゃなくて、何人かで同時に演奏しているときも、誰がどこでしくじったのか、すべて把握しているんですよ。恐るべし地獄耳ですw


先生の前では、どんな小さなことも誤魔化せない。そんな恐ろしい存在でした。((;゚_゚)


今は独学なので、自分で自分を甘やかしちゃうんですけどね(^-^;


「きらきら星変奏曲☆」もようやく最終段階まで差し掛かり、ひたすら弾きまくる毎日です♪


この曲は、スタミナが必要だということに、今さらながら気がつきました。


自分の力を全部出し切って15分間ノンストップで弾くとクタクタになります。


最後のほうは、あと少しなんだから頑張れ・・・と止まりそうな指に鞭打って弾いている有様ですw


そうかと思えば、突然左手が暴走することもあるわけで、先へ先へと行きたがる指をコントロールしなければいけません。


あと、喜怒哀楽が激しくて、場面がコロコロ変わる曲なので、ずっと同じ感情で弾いていると台無しにしてしまいます。場面が変わるときに適度な「間」をとることが大切だなぁと痛感しています。


時間こそかかったけれど、本気で練習すればどんな難しい曲でも弾けるようになることが実感できたので、自分のレベルに捉われることなく、どんどん名曲に挑んでいきたいと思います。



ポチッとお願いします☆

スポンサーサイト
【2007/04/22 00:03】 hobby | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<投票してきました | ホーム | 見頃を逃しましたw>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://kana8080.blog19.fc2.com/tb.php/590-fdef06e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。